その音も、井出音だった

音の水道局って?

3秒で、きもちを伝える

画のない映画館?



  • 木の中の音
  • JR
  • お寺の鐘

音の未来を創りあげる、最先端集団。

40年以上の実績
VISION
所長挨拶

40年以上の実績

40年、1000件以上の実績とノウハウ
5,000時間以上の音源データベース

AI技術の普及により浸透しつつある「見えないもの」の価値。
私たちがその先端を走り始めたのは40年以上前です。

音が変わると何か大きなものが変わります。
そう確信した皆様からのお声がけで、医療、美容、車両、建築、AI、家電、商業等、多数ジャンルの大手企業との連携で、1,000件以上の実績を重ねてきました。
ここに集結した貴重なノウハウと技術を更に社会に還元していきます。

VISION

「音」のきもちを表し、「音」に未来を吹き込み、次の音楽分野を切り拓く。

未来の産業分野を考えるとき、「見えないものの持つ価値」が、ひとつのキーポイントになると思われます。

たとえば、「くうき」「エネルギー」「気配」「場」「空間」「こころ」「きもち」…

音は、これらを体現するのにとても向いています。
音が持つ効果は、くうきやエネルギーをつくりあげること、イマジネーションを喚起すること、
言語ではないコミュニケーション(こころとこころのコミュニケーション・感動…)などです。
これらの、音の持つ本質的で先進的な可能性を最大限に引き出し、精神的視点にもとづく文化の新分野の創造を目指しています。

所長挨拶

音って何でしょう。
空気の振動…だけではないところが、
この仕事の面白さです。

例えば、鳥のさえずりや風などの自然の中の様々な音。
それぞれが単独に音を発しているだけのようで、アンサンブルになっている不思議があります。
生きている良い音は調和したがる。そんなところがあります。

コンサートの感激も、空気の振動だけで起きているでしょうか?
音に乗っかっている精神的なエネルギーがこころにダイレクトに響いたり、
記憶を重ね合わせたりすることで感激が起きるのだと思います。
聴く人の方にも、創造作用が起きています。

音は、横幅も広く、高さもあって、奥行きもある。多重構造です。
なかなかのものだなと思っています。

事業内容OUR SERVICES

プロジェクトPROJECTS

NEWS

  1. 新着情報
  2. MEDIA・SEMINAR
  3. WORKS
  4. 井出 祐昭 WEBマガジン
  5. 井出 音 放送局
TOP
error: Content is protected !!